のんびりサイト

ウェルスナビとは?

お金を預けると、自動で分散投資とリバランスをしてくれるサービス。
投資先は、米国株(VTI)、日欧株(VEA)、新興国株(VWO)、米国債券(AGG)、金(GLD)、不動産(IYR)など。

ウェルスナビの実績公開


私の場合、最初の投資は、他を知らなかったので、ウェルスナビから始めた。
きっかけはウェルスナビで、その後「SBI・バンガード・S&P500」を知ってから、そちらに切り替えた。
グラフの線部分が実績、塗りつぶし部分が入金額。

S&P500とウェルスナビの違い

S&P500は、アメリカ主要500社に投資する。
ウェルスナビは、全世界株+債券+不動産+金など、まんべんなく投資する。

ウェルスナビのデメリット

ウェルスナビの手数料は、預かり資産の年率1%となっており、かなり高い。
例えばSBIのS&P500は、信託報酬は0.1%以下(年率・税込)なので、単純比較で1/10以下。
手数料が1%と0.1%では、長期で見た場合、複利もあるので、随分と差が開く。

ポートフォリオとブログネタとして

最低金額の10万円、年間1100円の手数料で、ポートフォリオを勉強出来る。
ブログのネタとして運用するのもアリ。
年5~6%くらいの期待値で手数料で1%でもプラスになるから問題ない。

ウェルスナビは、投資初心者におすすめ

ウェルスナビは、投資初心者にオススメ。
投資初心者は、とにかく投資に対しての精神的なハードルが高い。

そのハードルを超えるための第一歩として、ウェルスナビは最適。
まずはウェルスナビで投資に対する恐怖や不安を取り除き、1年くらい運用してみるのが良い。
※もちろん、最初からSBI・S&P500に投資できるのであれば、その方がリターンは良い。

関連ページ