のんびりサイト

S&P500とは?

アメリカの主要企業500社から構成される。

構成銘柄上位
アップル
マイクロソフト
アマゾン
アルファベット(google)
フェイスブック
テスラ
エヌビディア
エクソンモービル
P&G
...etc

この主要企業500社が米国企業の時価総額の80%を占める。

インデックスとは「株価の指数」で、わかりやすくいうと「平均値」のこと。
様々な会社の株価の平均値のこと(例:日本を代表する225社の株価の平均=日経平均株価)

「S&P500にインデックス投資をする」とは?
「米国の主要企業500社」のそれぞれに対して、まんべんなく投資する方法。

S&P500 業種別比率

業種 比率
情報技術 24.60%
金融 13.90%
ヘルスケア 13.50%
消費財 11.70%
通信 11.20%
資本財 8.70%
必需品 6.30%
エネルギー 2.60%
不動産 2.60%
公益事業 2.50%
素材 2.30%

S&P500の株価グラフ

S&P500の平均年利は7.1%(1973年~2018年)

S&P500 採用基準

なぜS&P500の株価は上がり続けるのか?

理由は、厳しい審査基準で銘柄の入れ替わりが行われるから。

アメリカは企業の成績が悪くなったら「上場廃止」が頻繁に行われる。
アメリカの上場企業というのは、戦って勝ち続けている一流の企業。
そのため経済の新陳代謝が非常に激しく、成長、技術革新が速い。

日本の場合、よっぽどの事がない限り「上場廃止」はない。
なので、成績の悪い企業が足を引っ張り、日本全体の成績が悪くなる。
新陳代謝が悪く、成長、技術革新が遅い。

S&P500の弱点・デメリット

①FRBによる利上げ(政策金利の引き上げ、金融引き締め)
企業の借入金の支払い利息が増え収益が圧迫。
資金確保が困難で事業が縮小。
売上げや利益が減り、株価が下がる。
SP500インデックスも低迷。
ただ、SP500長期投資で利益が出ない場合、全世界株式も同じように利益が出ないはず。
なので長期利上げによる株価低迷はS&P500の弱点というよりインデックス投資の弱点。

②米国が戦争で株価が大幅に下る可能性は?
「基本的に、戦争で米国株が下がるのは一時的であり、下がった米国株は買いである」
引用元:米国株長期投資家のための、過去約40年の間で起きた戦争から学ぶ教訓

S&P500を買うのは、楽天証券、SBI証券、どちらが良い?

ちなみに私自身は、SBI証券。
SBI証券、楽天証券、共にサービスにさほど差はない。
唯一変わるのは、楽天証券は楽天ポイントが使えること。
なので、楽天クレジットカード、楽天市場でお買い物、楽天モバイル利用者におすすめ。
楽天ポイントを利用して証券を購入することができる。

SBI・S&P500の特徴

商品:投資信託
取引単位:100円以上1円単位
運用手数料:0.0938%程度
分配金/再投資:ファンド内で再投資可能

関連ページ