のんびりサイト

スマホとパソコンのネットを楽天モバイルに切り替えて節約

今まで
パソコンのインターネット⇒chat wifi(月100GBまで)
スマホのインターネット⇒LINEモバイル(月3GBまで)

現在
パソコン&スマホのインターネット⇒楽天モバイル(無制限)

楽天モバイルの特徴

simカードのみレンタル可能。
すでに持っているsimフリースマホで使用可能。
高速通信容量が無制限で使えて、月2980円(税別)
使用場所が「楽天回線エリア」であった場合、高速通信ができ、データ容量は無制限。
事務手数料、解約料、MNP手数料、すべて0円。

節約できた金額

今まで
LINEモバイル:月2100円
chat wifi:月3700円

現在
楽天モバイル:月3000円

差額
毎月2800円

「パートナー回線エリア」でさらに節約


楽天回線エリア接続中を使用せず、パートナー回線エリアを利用することで節約可能。
パートナー回線エリアとは、ローミング通信エリアのこと。
「データ高速モード」をOFFにすることで通信速度が制限(国内1Mbps)される。
この場合、高速データ容量は消費されないので月額料金を節約することができる。
高速データ通信を全く使わなかった場合、1GB以下になるので、月額料金は...無料!?

楽天モバイルのエリアとは?

お住まいの地域が「楽天モバイルのエリア」であった場合、高速通信が容量無制限で使えます。
なのでスマホだけでなく、パソコンのモバイルルーター代わりとしても便利に使えます。
デザリングを使えば、スマホ1台だけで、パソコンもスマホもタブレットも高速通信で利用できます。

ただし、お住まいの地域が楽天モバイルのエリアに入っていない時、通信速度が遅くなる場合があります。
楽天モバイルの公式サイトで確認してみてください。

楽天モバイルのエリアを検索【公式サイト】

楽天モバイルの通信障害

発生日時
2021年9月11日の午後

内容
楽天モバイルの通信障害。
ロリポップサーバーへのアクセスや一般ユーザーのサイトが表示できず。
ただし、Amazon、Google、youtube、twitter、tiktokなどは見れた。
スマホとパソコンを再起動したら、ロリポップも一般ユーザーサイトも観覧できた。

対策方法
パソコンとスマホの電源を切って30秒程度放置。そして電源を入れて再起動。
そうすると無事インターネットに繋がり、見れなかったサイトも見れるようになった。

関連ページ