のんびりサイト

NISAとは?

1年間で120万円まで非課税で投資することができる。
非課税期間は最長で5年間まで。
ロールオーバー:可能(最大10年まで)

つみたてNISAとは?

1年間で40万円まで非課税で投資することができる。
毎月33300円(1年40万円)が上限。
非課税期間は最長で20年間まで。
ロールオーバー⇒不可

ロールオーバー

ロールオーバーとは「延長」のこと。
5年の期限を迎える保有商品の延長手続きを行うと、更に5年間、非課税で運用できる。
非課税期間が満了時の時価で、翌年のNISA枠を使用して、ロールオーバーする。

2016年に20万で投資信託を買う

5年後の2021年に40万円まで値上がりした

40万円を延長手続きすると、残り80万円のNISA投資枠がある状態となる。

ロールオーバーのメリット

運用益で120万円を超えても全額を翌年のNISA口座に移すことができる。
100万円で購入した投資信託が5年後に130万円になっても、超えた10万円も非課税枠に入れることができる。
上記によって最大10年間、非課税で運用することができる。

新NISAとは?

2024年から「新・NISA」に変更。
レバレッジを効かせた投資信託など、一部の商品が除かれる(低リスク推奨)
一般NISA口座⇒2024年で自動的に新NISAに移行される。

年間の投資上限額
【1階】20万円(積立投資が必須)
【2階】102万円(上場株式、株式投資信託など)

1階部分の積立投資を行わなければ、2階部分への投資ができない。

2019年以降に「一般NISA」口座で購入した株や投資信託は?
「新・NISA」にロールオーバー可能な見込み。
最大10年間、非課税で運用可能。

1階部分は、非課税の5年が経過してから「つみたてNISA」にロールオーバー(乗り換え)することが可能。
それまで積み立てた分に加え、年間40万円までの積立投資を20年間、継続することができる。
なので、最大25年間、非課税で積立投資ができる。

NISAとiDeCoの違い

NISAは始めるための手続きが簡単。iDeCoは手間がかかる。
NISAはいつでも引き出すことができる。iDeCoは引き出せない。
節税&非課税の面では、圧倒的にiDeCoの方がお得。

円安対策でNISAで米国株投資

日本円を日本円で保有すると、相対的に貧乏になる。
原因は円安と燃料費や材料費の高騰。長期的に続く見込み。
すぐできる対策として、日本円の銀行預金をNISAでS&P500投資。
日本円で持たず、NISAを使って全世界or米国株インデックス投資。
インデックス投資信託を長期保有で複利で増える状態にしておく。
また、生活に困ったらすぐに取り崩し可能な状態のNISAで保有しておく。

関連ページ