のんびりサイト

NFTとは?

NFT = Non-fungible token(代替不可能なトークン)
デジタルデータに紐付く「トークン」が、1対1の関係を証明する証明書。
バイナリデータ自体がトークンになるわけではない。
NFTは証明書。データ自体はどこかのサーバー上にある。

NFTを実現するための技術がブロックチェーン(分散型台帳)
ブロックチェーンで参加者相互で監視することでコピーや改ざんができなくなる。
「このデジタルデータの所有者はこの人です」とデジタルデータに証明書が付けられるようになった。
NTFでデジタルデータに価値がつく。
デジタルデータはコピーが容易であるため唯一無二を証明できない。
NFTという証明書を使うとブロックチェーン上で証明が可能となりデジタル作品にも希少性が出せる。

例えばトレーディングカードは、ゲーム性やコレクション性が人気。
今まではデジタルカードの所有権の証明や複製が課題だった。
NFTの登場で「デジタルトレカ」の唯一無二が証明可能となった。

文章、イラスト、音楽、動画、映像、漫画、アート作品に対して、NFTで価値がつく。
NFTで、クリエイターに直接利益が届く、正当な報酬が受け取れる。

NTFの成功モデルケース

NBA Top Shot
バスケ「NBA」の、NFTトレーディングカードゲーム
そのカードは、選手達の試合中の名場面、歴史的なシュートなどが動画で表示できる。
イーサリアムを使わず独自のブロックチェーン技術「Flow」を用いている。
盗難や詐欺のリスクがなく、カードの売買履歴も追うことができる。

NFTとオンラインゲーム

オンラインゲームにおいては、プレイヤーがゲームに費やした時間や獲得したアイテムが、NFTで資産化することが可能となった。
例えば、オンラインゲーム上で獲得したアイテムにはNFTにより所有権が認められて、コピーや偽装することができないようになっている。
そして、プレイしていたゲームが終了してしまっても、NFTはブロックチェーン上の記録として半永久的に残るような仕組み。

トークンとは?

トークンという言葉には「商品との引換券や代用貨幣」という意味がある。また、しるしや象徴といった意味合いもある。
つまりトークンとは「何か別の価値を代替するもの」と言える。
トークン例は、カジノのチップ、ギフトカード、ポイントカード、図書カードなど。

NFTニュース

飲食店×NFT 寿司屋「銀座渡利」
店頭の7席分×2日間、 計14席分の予約券をNFTとして販売。
国産NFTプラットフォーム「nanakusa」で販売し、イベント当日まで2次流通が可能。
NFTを見せることで参加が可能となる。

SUSHI TOP SHOT
江戸前寿司の包丁さばきなど、鮨職人の技をNFT化した作品。
第一弾は「マグロ」「コハダ」「アジ」「カスゴ」「サクラマス」の5種類。
「日本」でしか生み出されない、かつ「世界中」の人が知っている「寿司」という食文化。
「nanakusa」でNFTコンテンツを作り、海外NFTファンに向けて日本のNFTを注目させる。

2021.09.02 ミクシィ(東証1部上場)
仮想通貨取引所運営「ビットバンク」と資本業務提携を発表。
ミクシィは「モンスターストライク」で、5500万ユーザーを抱える。
ミクシィが仮想通貨、ブロックチェーン、NFT市場へ本格参入する可能性が高いとみられる。

Rakuten NFT(楽天)が2022年春にリリース予定。
国内アニメ、スポーツ選手、クリエイターがNFTの発行・デジタルデータ販売を始める。
鬼滅の刃、ポケモン、ファイナルファンタジーなど、海外でも人気なコンテンツのNFTの値段が爆上がり。
それに伴い提供しているアニメ会社、ゲーム会社、プラットフォーム楽天の売上や株価も上がる。

関連ページ